最後の寄港地 シンガポールへ

公開日: : 最終更新日:2015/05/09 x.アーカイブ

フラヒのふろく 183-1.jpg

シンガポールホームステイ最終日。午前中からいろいろ歩いて回る。重い荷物にちょっとげんなり。

まだ出港はしないため、陸でお別れ。本当にお世話になった。そしてステイメイトと出会えたこと。良い友達になれたと思う。

シンガポールはとても綺麗な町。理想を掲げて、それに向かって忠実に進んでいるような。多文化共生は、この街でどう息づいているのだろう。そしてもしひずみがあるのだとしたら、それはどんな事だろう。

リトルトーキョー・シンガポール。今度は住んでみたい。

diary_p

関連記事

no image

ピースサイン

道を走っていて、向こうから来るチャリダーやライダーを見ると、右手がうずく。絶妙のタイミングでピースサ

記事を読む

no image

10/10 妙高高原

火打山に登る。紅葉の真っ只中で、初雪も経験。

記事を読む

no image

震災ボラ@東京

週末に貸切バスで震災支援。高田馬場発。参加費無料。http://www.commonbeat.org

記事を読む

no image

大学院生の就活

地球市民アカデミアの運営仲間と夕食を食べました。友人は大学院1年生。大学院は2年間あるものの、修士論

記事を読む

no image

英語ディスカッションの現実

初の船内ディスカッション。英語を聞くことで精一杯。自分の意見を言うことはとても難しい。それが現実。で

記事を読む

no image

ケニアプロジェクト

3週間ぶりに、相方の友人を自宅に招待。人を呼ぶ度に、少し気合を入れて掃除するという習慣がいつの間にか

記事を読む

no image

ジャンベ ジェンベ ショップへ

ジャンベを買おう!という事で、浅草に行きました。東京に出てきてからは叩く機会もなく、このまま縁がない

記事を読む

no image

東ア船の醍醐味

今日のクラブ活動は本当に楽しかった!ラオス語の勉強に始まり、タイのフルート練習、インドネシアのマッサ

記事を読む

no image

たった一人の30年戦争

著者: 小野田 寛郎すごい本に出会うと、単純にわくわくします。通勤の電車が待ち遠しくなるだけでなく、

記事を読む

no image

09/30 三厩

竜飛岬。この日は風が全くなく、険しい岬を何とか乗り切りました。

記事を読む

diary_p

diary_p

yasai_02
種日記@水耕栽培

水耕栽培の家庭菜園。 対流もないため肥料が届かなかったためか、な

usj_01
ユニバーサルスタジオジャパン 初訪問

生徒との会話やカバンについているグッズを見る限り、ディズニーラ

slowcal
ホームページ無料作成[スローカル]

2010年より始めた「ホームページ無料作成」サービス。 NPOや

no image
Excel

★ポイント★ ●プロジェクトとは: ある目標のためにいくつかのス

yasai_01
水耕栽培で家庭菜園

ベランダや室内で手軽に始められる水耕栽培。 土を使わないため、虫

no image
Toodledo

★ポイント★ ●タスクとは: 業務・やるべきことなど1つ1つの具

no image
ツイストリングノート

★ポイント★ ・予定やタスクの確認,生徒とのやり取りに手帳は欠か

no image
アウトルック

★ポイント★ ・スケジュール管理に最適な「グーグルカレンダー」は

no image
グーグルカレンダー

★ポイント★ ●スケジュールとは: 時間と場所が決まっている予定

no image
サイトの概要

教師の仕事の大部分は「ルーチンワーク」(繰り返し業務)です。主なものを

→もっと見る

    PAGE TOP ↑