伝わっているものと伝わっていないもの

公開日: : x.アーカイブ

最近、青年海外協力隊東京OB会での活動を通して、協力隊が設立された経緯を少しずつ勉強しています。

協力隊が設立されたのは、昭和40年(1965 年)。その設立には、末次一郎さんをはじめ、さまざまな青年や団体が関わっており、その当時の機関紙や文献からは、彼らの熱い思いや、当時のダイナミックな国際情勢、その中で青年が果たしている役割の大きさが伝わってきます。

特に印象深いのは、募集から訓練、派遣にいたるまで、構想の段階で十分に練られており、40年を経た今も、そのプロセスがほとんど変わっていないこと。そしてその一方で、彼らが特に重視していた訓練が、現実的には語学や現地事情に偏り、協力隊の意味や歴史が全く語られず、それを考える時間も設けられていないこと、です。

とはいえ、協力隊を運営するJICAや、実際に訓練を担当する団体(近年はほとんどJOCA)の職員にとっても、協力隊の意味や歴史が伝わっていないのが現実なのかもしれません。そこは、ベテラン隊員がたくさんいる、全国のOB会の役割なのかな、と考えたりしています。

diary_p

関連記事

no image

ジャンベとは

ジャンベ(ジェンベ)とは、西アフリカの国々で演奏されている太鼓のこと。木をくりぬいた胴体に、山羊の皮

記事を読む

no image

10/22 三国

自殺の名所・東尋坊。断崖絶壁という訳ではないが、荒々しい日本海に張り出す奇岩。

記事を読む

no image

アブバとヤーバ

青年海外協力協会の評議員会に参加しました。全国の青年海外協力隊OB 会の方たちと再会し、活動報告を聞

記事を読む

no image

御茶ノ水→新宿→神楽坂⇒東三河

東京3日目。大学卒業後、「緑のふるさと協力隊」として大分県で就農していた友人が地元に戻ってきたので、

記事を読む

no image

木パブ

発起人の今長さんが、大分市内の知人のパブで始めた、海外在住経験者の集まり。2003年の夏、ふとしたき

記事を読む

no image

第32期 東南アジア青年の船 報告会

第32期『東南アジア青年の船』報告会に参加しました。ちょうど1年前に自分達も同じ会場で報告会をした事

記事を読む

no image

帰国後7年

青年海外協力隊から帰国して間もない友人とお茶をしました。最近のケニアのことをいろいろ聞けて、とても懐

記事を読む

no image

10/02 八郎潟

日本のお米処。どこまでも続く田んぼを見るのは初めてです。

記事を読む

no image

湯浅誠氏「内閣府参与辞職にともなう経緯説明と意見表明、今後」

2009年10月26日より、内閣府参与を務めていた、反貧困ネットワーク事務局長の湯浅誠さんが、3月5

記事を読む

no image

楽器の集い

さっそく、昨日買ったジャンベを演奏しに、井の頭公園へ。今日も快晴で、楽器日和だ~。友人と、偶然通りか

記事を読む

diary_p

diary_p

yasai_02
種日記@水耕栽培

水耕栽培の家庭菜園。 対流もないため肥料が届かなかったためか、な

usj_01
ユニバーサルスタジオジャパン 初訪問

生徒との会話やカバンについているグッズを見る限り、ディズニーラ

slowcal
ホームページ無料作成[スローカル]

2010年より始めた「ホームページ無料作成」サービス。 NPOや

no image
Excel

★ポイント★ ●プロジェクトとは: ある目標のためにいくつかのス

yasai_01
水耕栽培で家庭菜園

ベランダや室内で手軽に始められる水耕栽培。 土を使わないため、虫

no image
Toodledo

★ポイント★ ●タスクとは: 業務・やるべきことなど1つ1つの具

no image
ツイストリングノート

★ポイント★ ・予定やタスクの確認,生徒とのやり取りに手帳は欠か

no image
アウトルック

★ポイント★ ・スケジュール管理に最適な「グーグルカレンダー」は

no image
グーグルカレンダー

★ポイント★ ●スケジュールとは: 時間と場所が決まっている予定

no image
サイトの概要

教師の仕事の大部分は「ルーチンワーク」(繰り返し業務)です。主なものを

→もっと見る

    PAGE TOP ↑