たった一人の30年戦争

公開日: : x.アーカイブ

著者: 小野田 寛郎

すごい本に出会うと、単純にわくわくします。通勤の電車が待ち遠しくなるだけでなく、生活全体にはりがでてくる気がします。この本も、そんな一冊です。

青年海外協力隊の歴史をふり返る中で出会った、故末次一郎氏。彼が戦後の日本に与えた影響の大きさと、その超人ぶりに触れる中で、どうして末次さんはこんなに自律できたのか、献身できたのかと、不思議な気持ちがし、また生前に会ってみたかったという想いが募ってきました。

そんな中、青年海外協力隊の先輩に教えていただいた、小野田寛郎さんのこと。戦後30年間、終戦を知らされず、また信じずに、フィリピン・ルバング島の密林の中で戦い続けたことはよく知られていますが、彼が末次一郎さんと、陸軍中野学校の同期生であり、親友でもあることを聞き、とても関心を持ちました。

縁あって、小野田さんの講演会を開催できることになり、不勉強な自分がまず手に取った一冊が、この本です。

戦後30年、ある人はその悲惨さや後ろめたさから、またある人は全てが変わっていく絶望感から、戦争の記憶を消そうとしていた頃、突然日本に生還した”最後の帰還兵”小野田寛郎さんの登場は、多くの日本人に衝撃を与えたようです。

自分と戦争との距離感や価値観により、小野田さんの存在はさまざまに評価され、身勝手な誹謗中傷や礼賛に苦労されたようですが、そういった他己評価ではなく、小野田さん自身の声であることが、そのままこの本の価値だと思います。

末次一郎さんと小野田寛郎さん。時期や場所は違っても、それぞれの戦後の社会で活躍してきた彼らのまっすぐさは、著書を読む限り、陸軍中野学校での戦中特殊教育ではなく、戦争で自分や友の死と強烈に向き合ったこと、そして戦後もそこから目をそらさずに、死んだ友に恥じない生き方を実践してきたことから来ているように思います。

自分を曲げ、時にはそれを他人のせいにしながら生きている自分にとって、彼らの生き様そのものが強烈なメッセージです。

戦争は終わりました。でも、身の回りには、ありとあらゆる問題(=自分にとって都合の悪いこと)があふれています。その1つ1つを、まずは認め(見止め)、受け入れ、考え、対話し、納得(解決)していかなくてはなりません。

さまざまな問題を、けんかや裁判や戦争に頼らずに、解決すること。それが自分達の世代に課せられた挑戦なのだと思います。

小野田自然塾を主宰し、子ども達への冒険教育を最後のライフワークとする小野田さんのご長命をお祈りしています。

diary_p

関連記事

no image

応用生物 2009年納会

青年海外協力隊東京OB会の先輩に誘われて、株式会社応用生物の納会に参加しました。東京OB会の座談会以

記事を読む

no image

東ア船31期 5周年リユニオン(同窓会)

東南アジア青年の船に2004年に乗船して、今年で5年。1年前から同期の中のパイオニア達が準備を進めて

記事を読む

no image

神宮参拝・タンザニア

早朝から、待ちに待った内宮参拝。神宮会館で数年前から始めたサービスとのことで、支配人自ら丁寧に案内し

記事を読む

no image

山谷訪問

地球市民アカデミアの講義の前後には、講座のスタッフと一緒に、『山谷(さんや)地区』(東京都荒川区・台

記事を読む

no image

協力隊まつり2009

4/25・26の2日間、『協力隊まつり』に参加しました。土曜日は1日中の雨にもかかわらず、予想以上の

記事を読む

no image

被災地報告会@東京(告知用)

宮城県石巻市で被災地ボランティアを行った協力隊OBによる報告会。入場無料/参加自由〔4/2(土)13

記事を読む

no image

旅へ出た理由

『青年海外協力隊』の任期を終え、帰国して一か月。”日本を巡る旅に出る”という目標があった為、ダラダラ

記事を読む

no image

ミドル・キャリア

幹部候補(キャリア)か非正規雇用か。働き方の2極化が進んでいるという指摘をよく見かけるようになった。

記事を読む

no image

NHK「信用金庫」感想

1.信金の地域密着スタンス,お金の地産地消に賛成2.信金の頼れる面(地域とともに)と,頼りない面(地

記事を読む

no image

九州アジア大学

青年海外協力隊の帰国から1年経った2003年の夏。地元で国際交流の機会を探しているときに、大分県青年

記事を読む

diary_p

diary_p

yasai_02
種日記@水耕栽培

水耕栽培の家庭菜園。 対流もないため肥料が届かなかったためか、な

usj_01
ユニバーサルスタジオジャパン 初訪問

生徒との会話やカバンについているグッズを見る限り、ディズニーラ

slowcal
ホームページ無料作成[スローカル]

2010年より始めた「ホームページ無料作成」サービス。 NPOや

no image
Excel

★ポイント★ ●プロジェクトとは: ある目標のためにいくつかのス

yasai_01
水耕栽培で家庭菜園

ベランダや室内で手軽に始められる水耕栽培。 土を使わないため、虫

no image
Toodledo

★ポイント★ ●タスクとは: 業務・やるべきことなど1つ1つの具

no image
ツイストリングノート

★ポイント★ ・予定やタスクの確認,生徒とのやり取りに手帳は欠か

no image
アウトルック

★ポイント★ ・スケジュール管理に最適な「グーグルカレンダー」は

no image
グーグルカレンダー

★ポイント★ ●スケジュールとは: 時間と場所が決まっている予定

no image
サイトの概要

教師の仕事の大部分は「ルーチンワーク」(繰り返し業務)です。主なものを

→もっと見る

    PAGE TOP ↑