サイトの概要

公開日: : 最終更新日:2015/05/09 z.サイトについて , ,

教師の仕事の大部分は「ルーチンワーク」(繰り返し業務)です。主なものを挙げると、
・1日ごと(朝礼・終礼、部活)
・1週間ごと(授業)
・1か月ごと(全校朝礼、出欠集計、集金)
・1学期ごと(試験、始業式・終業式、通知表)
・1年ごと(入学式・卒業式、入試)
・3年ごと(学年行事、就職指導・進学指導)
などがあります。

教師の仕事には創造性を求められるものも少なくありません。しかし現状、多くの先生が日々の業務(ルーチンワーク)に追われ、本当に力を注ぐべき仕事に時間をさけていないのではないでしょうか。

自分もその1人です。前職の民間企業では、事務業務もこなしてきましたが、教師として働き始めてから、その業務の膨大さと雑多さに苦労してきました。

ありがたいことに、教師2年目から担任を持たせていただいています。そのこともあり、最初の3年間は授業準備や学級運営に追われ、毎月の残業時間が100時間を超えることも珍しくありませんでした。教師であるため残業手当はつきませんが、それも当然であるような雰囲気が職場にあり、とにかく早く一人前になることを目指して必死に働いてきました。

しかし最近、環境の変化もあって仕事に対する考え方も少しずつ変化してきています。ほんの少しですが、ルーチンワークに慣れてきたこともあるかもしれません。その最初の一歩として、「残業しない」「定時帰宅」を目指して仕事を効率化するためにいろいろな工夫を始めました。

そういった視点から改めて教師の仕事を見てみると、大部分はルーチンワークであり、そこには工夫の余地が大量にあることが分かってきました。

教師の仕事術に関する書籍やサイトは、特に小学校・中学校における学級運営・行事・保護者対応に関するものがほとんどです。それぞれは難しくも面白い、まさに”教師らしい”仕事であり、教師経験の浅い自分は先輩から、また実体験を通して学ぶ日々です。

一方で、それら重要な業務に取り組むための時間・体力・やる気を生むために、いかにルーチンワークを効率化するかという面では情報がほとんどなく、時間を見つけては仕事術に関するビジネス書を読み漁ってきました。

仕事術に関するビジネス書は大変参考になるものの、経営者やフリーランスなど、比較的時間の融通が利く働き方の視点で書かれているものが多いです。教師はむしろ授業や行事など、かなりの時間の拘束が伴う働き方であり、仕事術を取り入れるには相応の工夫が必要となります。

ルーチンワークに適したデジタル仕事管理術も、クラウドの普及で随分使いやすく、現実的な選択肢となってきています。これからますます便利になるであろうインターネット上のコンテンツを積極的に取り入れつつ、学校現場のアナログ性も考慮しながら、自分の試行錯誤もかねて、『教師の仕事術』として公開することとしました。

diary_p

関連記事

記事はありませんでした

diary_p

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

diary_p

yasai_02
種日記@水耕栽培

水耕栽培の家庭菜園。 対流もないため肥料が届かなかったためか、な

usj_01
ユニバーサルスタジオジャパン 初訪問

生徒との会話やカバンについているグッズを見る限り、ディズニーラ

slowcal
ホームページ無料作成[スローカル]

2010年より始めた「ホームページ無料作成」サービス。 NPOや

no image
Excel

★ポイント★ ●プロジェクトとは: ある目標のためにいくつかのス

yasai_01
水耕栽培で家庭菜園

ベランダや室内で手軽に始められる水耕栽培。 土を使わないため、虫

no image
Toodledo

★ポイント★ ●タスクとは: 業務・やるべきことなど1つ1つの具

no image
ツイストリングノート

★ポイント★ ・予定やタスクの確認,生徒とのやり取りに手帳は欠か

no image
アウトルック

★ポイント★ ・スケジュール管理に最適な「グーグルカレンダー」は

no image
グーグルカレンダー

★ポイント★ ●スケジュールとは: 時間と場所が決まっている予定

no image
サイトの概要

教師の仕事の大部分は「ルーチンワーク」(繰り返し業務)です。主なものを

→もっと見る

    PAGE TOP ↑